同人誌の印刷など基礎知識から!透明封筒、マグネットシートとは

同人誌について

CMTYK

入稿の方法

基本的に同人誌の入稿にはいくつかの方法があります。神奈川ではウェブ入稿が人気でしょう。インターネットなどから入稿することができます。また、データ便などを利用したオンライン入稿も人気です。どちらも手軽に利用することができるでしょう。ウェブで入稿する場合は、発注書を作成した後に、データをアップロードします。自宅のパソコンで全ての作業を行なうことができるため、非常に便利だと言われているのです。とても多くの方が利用する方法だとされています。また、データ便を利用する入稿方法も手軽で人気です。基本的に無料大容量で利用できるファイル転送サービスを活用します。画像など、大きな容量のデータに対応できるのが魅力です。他にもCDなどのメディアや、アナログ原稿を郵送する入稿方法もあります。こちらはデータをSDに入れるか、紙の原稿をそのまま送るかの違いです。郵便で入稿するか、直接店頭で手渡しします。時間に余裕のある人は、この方法で入稿することもあるでしょう。

プリントする

同人作品のイラストなどを、透明封筒やマグネットシートに印刷する人も増えてきています。透明封筒などに印刷することで、グッズとして売りだすこともできるでしょう。もちろん、自分で使うこともできます。また、マグネットシートにイラストを印刷する場合、車などにステッカーとして貼ることが可能です。一般的に痛車と呼ばれる車を作ることができるでしょう。世界でも注目されているカスタムカーです。同人イベントなどでは、多くの痛車を見ることができます。イベント会場でも、キャラクターのイラストが印刷されたマグネットシートを販売している光景を見ることができるでしょう。また、イラストなどを印刷できるのは透明封筒やマグネットシートだけではないのです。Tシャツやポスター、はがきなど多岐に渡ります。自分の好きなようにグッズを制作することができるでしょう。同人誌などの雑誌だけではないのです。また、このようなグッズ販売は、自分の能力などを世間に知ってもらう良い機会でもあります。イラストや漫画などの作成に自信がある人は、制作にチャレンジしてみましょう。

新着情報

時代の変化

同人作品などのサブカルチャーは、最近になって有名になってきたと言えるでしょう。少し前まで同人イベントは、オタクと呼ばれているアニメや漫画好きの人達が個人、もしくはグループで楽しんでいたとされています。ですが、最近では、サブカルチャー文化に目を向けられるようになり、世界的に注目されるイベントとして成長してきたのです。まずは、現代の同人イベントと昔の同人イベントを比較してみましょう。

同人イベント今と昔の比較

参加は漫画やアニメファンがほとんど

昔の同人イベントといえば、特定の漫画やアニメファンが楽しむイベントとして知られていました。一般的に漫画やアニメに興味のない人達は関心を示さなかったのです。そのため、仲間内でのコアなイベントとして盛り上がりを見せていたと言われています。一部の人間の楽しみとされていたのです。

漫画やアニメファン以外の人も参加

最近の同人イベントでは、漫画やアニメファン以外の人も参加するようになっています。芸能人など、知名度の高い人も参加するようになり、高い注目を集めるようになったのです。昔ながらの漫画、アニメファンももちろん参加しています。昔に比べると、裾野が広がったと言えるでしょう。

[PR]

同人なら印刷の業者に依頼
気軽に引き受けてくれる 神奈川で印刷業者を探す最速で申し込みができる
マグネットシート印刷なら業者へサービス内容充実!
DMを送るのに必要な透明封筒なら専門店で買おう
申し込みがカンタン☆

誰でも参加できる

近年、同人イベントには興味のある人なら誰でも参加できるようになってきています。入稿の方法や印刷について少し学ぶだけで、簡単に同人イベントを楽しむことができるのです。基本的な知識を身に付けておけば、次の同人イベントに参加するのも夢ではないでしょう。まずは、入稿の方法と、印刷についての知識を押さえておくことがポイントとなります。

透明封筒に興味がある人向けのページです

女の人

透明封筒のメリット

透明封筒の種類や、メリットについて知ることができるページです。便利に利用することができるでしょう。気になる人要チェックのページです。

READ MORE

流れをチェック

同人誌が出来上がるまでの流れについて興味がある人は少なくないでしょう。ある程度の流れが分かっていれば、誰にでも制作することができるはずです。大まかな流れを紹介するので、目を通しておきましょう。

同人誌ができるまで

原稿を作る

まずは、同人作品の原稿を作ります。ある程度イメージを固めてから作成すると良いでしょう。イメージが固まらないまま作成を始めてしまうと、途中で躓いてしまうことがあるからです。また、初心者の場合は一人で制作するよりも、複数名のチームで始める方が無難でしょう。作業を手分けすることができるので、効率良く同人誌を作ることができるのです。ある程度の余裕を持って制作を始めることで、万が一のトラブルに対処することができるようになります。

構成や推敲

ある程度作品が完成間近になったら、構成や推敲を行なうでしょう。基本的に漫画の場合は、セリフなどをチェックしていきます。文字や文章などをしっかりと確認して、間違いがあれば直していきましょう。このような細かい作業が同人作品のクオリティを左右するのです。また、何か違和感があれば推敲します。同人誌制作では、詩文や文章などを途中で変更することも珍しくはないのです。本格的に作品を制作していきます。また誤字脱字についてはきちんと確認します。

データ作成と入稿

基本的にデータ作成はウェブ入稿やメディア入稿をする場合に行ないます。最近では専用のタブレットを使用して、パソコンで同人作品を制作することも多くなってきているのです。ウェブ入稿やメディア入稿を考えているなら、パソコンを使って同人作品を制作する方法も便利でしょう。また、アナログ入稿をする場合は、データを作成することはありません。入稿した後は部数や装丁を決定します。その後に発注するのです。また、入金の確認をしてから印刷を行ないます。あとは出来上がった作品を納品してもらうだけです。